インプラントを安全、正確に埋入(埋め込む事)する為に、当院ではCT撮影と、コンピューターによる診断を行っております。

CT撮影と、コンピューターによる3次元的解析が、従来の2次元的なレントゲン写真だけではわからない、骨の立体的な状態、骨の質、GBRの必要性の有無など、安全、正確な治療をおこなう上で非常に大きなメリットがあります。

又、CT撮影は、インプラントだけでなく、骨に埋まった親知らずの診断、歯周病の診断や根の病気の診断に威力を発揮します。

CT撮影による被爆を、心配される方もいらっしゃると思いますので、この資料をご覧下さい。

当院のCTの被曝量は、医科用CTに比べてはるかに低く、東京ーニューヨーク往復よりも少ないことがわかります。勿論むやみやたらに撮影する事は避けなければなりませんが、1回のCT撮影で得られる情報は、お口全体の正確な診断につながりますので、必要があれば撮影をお勧め致します。

*骨に埋まった親知らずの診断の為のCT撮影は、保険適応となりますが、インプラント診断の為の撮影は適応外となります。

CT診断の威力その1⇒

CT診断の威力その2⇒